Teen Running “Surprisingly Ordinary” EP 歌詞+対訳


Teen Runnings "Surprisingly Ordinary" EP




1. Want You Bad

You’ve stolen time freely
I always think of taking it back again
You made me believe
I wanted to take the tricky love away
But my bad brain is filled with your voice
Hey, where are you now?
I want you so bad
Maybe I loved you


Somewhere in the universe
I found you on the beach with sapphire sand
You were in a metal outfit
Brightened up by Scorpius


When an artificial sun went down
We showed our skins
Then we got to know each other for the first time


You’ve stolen time freely
I always think of taking it back again
You made me believe
I wanted to take the tricky love away
But my bad brain is filled with your voice
Hey, where are you now?
I want you so bad
Maybe I loved you


When an artificial sun went down
We showed our skins
Then we got to know each other for the first time


You’ve stolen time freely
I always think of taking it back again
You made me believe
I wanted to take the tricky love away


You’ve stolen time freely
I always think of taking it back again
You always pierced with your light
My life has shined again
So my bad brain is filled with your voice
Hey, where are you now?
I want you so bad
Maybe I loved you 



君が遠慮なく盗んでいった時間を
いつも取り戻したいと思っている
まんまと君にしてやられた
もうややこしい恋はしたくない
でも僕のバカな頭は君の声で満たされている
ねえ今どこにいるの?
君が恋しくてたまらない
たぶん君を好きだったんだ


宇宙のどこか
サファイアの砂で覆われたビーチで君を見つけた
君は金属を身にまとい
さそり座の星に照らされていた


人工の太陽が沈んだ時
僕たちは肌を見せ
始めてお互いを知るようになった


君が遠慮なく盗んでいった時間を
いつも取り戻したいと思っている
まんまと君にしてやられた
もうややこしい恋はしたくない
でも僕のバカな頭は君の声で満たされている
ねえ今どこにいるの?
君が恋しくてたまらない
たぶん君を好きだったんだ


人工の太陽が沈んだ時
僕たちは肌を見せ
始めてお互いを知るようになった


君が遠慮なく盗んでいった時間を
いつも取り戻したいと思っている
まんまと君にしてやられた
もうややこしい恋はしたくない
でも僕のバカな頭は君の声で満たされている
ねえ今どこにいるの?
君に会いたくてたまらない
たぶん君を好きだったんだ


君が遠慮なく盗んでいった時間を
いつも取り戻したいと思っている
まんまと君にしてやられた
もうややこしい恋はしたくない


君が遠慮なく盗んでいった時間を
いつも取り戻したいと思っている
君がいつも突き刺していた光で
僕の人生がまた輝いた
だから僕のバカな頭は君の声で満たされている
ねえ今どこにいるの?
君に会いたくてたまらない
たぶん君を好きだったんだ




2. Sunglasses

Outside, viruses are walking on the street all day
We don’t know whether they are good or not
Silence, are you telling the truth
We don’t care because we are already infected


And when we all fall
From the safe place they’ll repeat
“Now go back to the basics”


We’re all gone, Kicked out in the universe
We won’t regret we didn’t obey their voices
All my friends have become like stars too
It’s fun to fly around the Earth


Even though we are not there
Like they are all blind
From the safe place they’ll repeat
“Now go back to the basics”


We can’t touch their cores
They are invisible
There’s nothing we can do
They are invincible
We can live without knowing
But it’s critical
So we’re back to being numb again
Back to being numb again




外はウィルスが一日中歩き回っている
僕たちはそれが良いのか悪いのかわからない
沈黙は真実を伝えるのか?
どうでもいいよ
だってもう僕たち感染してるんだから


そして僕たちみんな倒れたとき
安全な場所から彼らは繰り返すだろう
「今こそ基本に戻ろう」


みんな死んで宇宙に放り出された
彼ら耳を貸さなかったことを後悔しないだろう
友達みんなも星みたいになっている
地球の周りを飛び回るのは楽しいな


僕たちがそこにいなくても
彼らは何も見えていないみたいに
安全な場所から彼らは繰り返すだろう
「今こそ基本に戻ろう」


彼ら自身には触れられない
僕らには見えないから
僕たちにはどうにもできない
彼らは無敵だから
知らなくても生きていける
でもとても重要なことなんだ


だからまた僕らは無感情で生きている
また無感情に戻ったんだ




3.Sometime

I may not know who you really are
But I can’t leave you alone
Do you see me through? 
It would be easier if you do


Like building a house from the start
For me it’s hard to work it out
It’s not like I don’t want you to know


I can’t tell it to you anymore 
‘Cause I won’t see you again
Even if you want to


Sometime sometime I will miss you
Sometime sometime I will blame myself
Something I said may not have been true
But I want to believe that’s worthwhile


When I saw you smiling
I could forget what I was worried about
You were my everything
But now you are keeping me low


I can’t tell it to you anymore 
‘Cause I won’t see you again
Even if you want to 


Sometime sometime I will miss you
Sometime sometime I will blame myself
Something I said may not have been true
But I want to believe that’s worthwhile


We’d spent so much time together
Had we finally lost our novelty


Sometime sometime I will miss you
Sometime sometime I will blame myself
Something I said may not have been true
But I want to believe that’s worthwhile




君のことをよく知らないけど
放っておけないんだ
見透かされてるかな?
それなら話が早いんだけど


家をイチから建てるみたいに
僕には簡単なことじゃない
君に知られたくないってわけじゃないんだ


もう君に伝えられない
だって僕たちもう会うことはないから
たとえ君が望んでも


いつか君が恋しくなるだろう
いつか自分自身を責めるだろう
僕が言ったことは間違っていたかもしれない
でも言ってよかったと思いたいんだ


君の笑顔を見ると
自分の悩みなんか忘れられた
君が全てだった
でも今は悩みの種なんだ


もう君に伝えられない
だって僕たちもう会うことはないから
たとえ君が望んでも


いつか君が恋しくなるだろう
いつか自分自身を責めるだろう
僕が言ったことは間違っていたかもしれない
でも言ってよかったと思いたいんだ

僕たちは同じ時間を過ごしすぎて
ついには目新しさを失ってしまったのかな

いつか君が恋しくなるだろう
いつか自分自身を責めるだろう
僕が言ったことは間違っていたかもしれない
でも言ってよかったと思いたいんだ

4.Never Be The Same

I’ve walked the line
I won’t deny
The way I designed
Is not wrong at all
I was wide awake all night
Conflicted between
Will and helplessness


Thousands of lies
In half of my life
Unknown but they’ll never be erased
I found a treasure in the sand
That’s good enough
It never fades


When the feeling comes to me
They clearly sound different
The texture, smooth just like silk 
How can I stand
Our lives will never be the same
Did they ever live my life


I’ve walked alone
No one can tell why
Whatever I tried
Has become my shame


Cowardly mind in foggy glasses
Turns things into what I don’t like
Imagining, tracing ocean lines
When and how can I reach the end


When the feeling comes to me
They clearly sound different
The texture, smooth just like silk 
How can I stand
Our lives will never be the same
Did they ever live my life


I’ve walked the line
I won’t deny
The way I designed
Is not wrong at all
I’ve walked alone
No one can tell why
Whatever I tried
Has become my shame




真っ当に生きてきた
それは否定しない
僕のやり方は
全く間違っていない


一晩中起きていた
意志と無力の間で葛藤していた


人生の半分で
たくさんの嘘をついた
知られていなくても消えることはない


砂の中に宝物を見つけた
これでじゅうぶんだ
色褪せることはないから


その感覚が降りてきたとき
全く違ったように聞こえて
感触はシルクのようになめらかだ
どうすればいいんだ
僕たちの人生は同じではないだろう
僕の人生を生きたのか


一人で歩いた
どうして僕がやること全て
みっともなくなるんだろう


曇った眼鏡の中の卑屈な精神が
物事を嫌いにさせる
航路をイメージしてなぞる
いつどのようにして終点にたどり着けるのだろうのか


その感覚が降りてきたとき
全く違ったように聞こえて
感触はシルクのようになめらかだ
どうすればいいんだ
僕たちの人生は同じではないだろう
僕の人生を生きたのか


真っ当に生きてきた
それは否定しない
僕のやり方は
全く間違っていない


一人で歩いた
どうして僕がやること全て
みっともなくなるんだろう

  • 2020.09.01